遅い日の出

いい天気になりました。
日の出も遅くなりました。

それほど早く起きなくても日の出に間に合ってしまいます。

水鳥もようやく活動開始です。

日差しが強くないので、夕方のようです。

広告

冷え込む朝

よく冷え込みました。
雲に覆われて日が出ないので、寒いままの朝です。

井の頭池にも冬鳥が増えてきました。

と言いながら、まったりしているカルガモ。

アオサギも2羽。

大きくゆっくりと羽ばたきます。

オナガガモも人に寄ってきます。
餌をあげている人がいるようです。

雨が降ってきそうな空でしたが、なんとか持ちました。

カレンダーの日

年に一度のカレンダーの日。
今年でもう18回目。よく続いています。

山と積まれたカレンダーを12か月+表裏表紙の14枚をセットして、
数を確認して、プラケに入れて、袋に入れます。

いつもは数枚余ってしまうのですが、今年は始めて、余りなし。

今年は割と明るめの写真が多いかな。

泥のにおい

一週間前になってしまいましたが、
先週日曜日の井の頭池。

天気がよく、水がひんやりと澄んでいます。

弁天池では割と大きいザリガニが獲れます。

クサガメ大。クサガメ臭をまきちらし、ちょっとはなれたところからも
よく臭います。

臭いといえば、和田堀のかいぼりの後に泥だらけの胴長をあまりよく洗わず
ベランダに放っておいて、日曜日に着たのですが、着ようとおもったら、
結構臭いました。それもアオダイショウの臭いそっくり。

あの独特の臭いと池底の泥の乾燥した臭いには共通点があるのかも
しれません。

 

 

朝もひんやり

朝晩、冷え込むようになってきました。
気が付いたらもう11月、寒い筈です。

朝の鳥調査も日陰はひんやり。

葉が色づいてきました。

アオコがなくなって、水がきれいになったので、
葉の色がよく映えます。

キンクロも増えてきました。

前回はカイツブリが少なかったのですが、今日はあちこちで見られました。

昨日から風が強く、水面が揺らぎます。

さわりまくり

医獣祭。

昔は日獣祭だったのですが、運営が医科歯科大に代わり、

最近医獣祭と名前を変えたようです。

ここの学祭はペット同行可。ロボと何度か行きました。

ロボと一緒だと校舎には入れなかったので、
今回初めて。ちょっとだけ見てきました。

ミニミニ寄生虫博物館。

ずっと前に目黒には行きましたが、こちらは動物メイン。

ただ話題のマダニ、アニサキスも展示しています。

メインは触れる寄生虫。

ビニール手袋をつけて、豚の回虫触り放題。

なんとも言えない、微妙な体験です。

 

 

 

ミシシッピ三昧

和田堀の生き物

いいサイズの雷魚。

スネークヘッドの名前がふさわしい、いかつい顔です。

ナマズよりも雷魚の方が数は多め。
立派なウナギも2匹捕獲されました。泥の中にまだいるかもしれません。

ガチャピン顔のヘラブナ。

2日目の大物はコイ、雷魚、ヘラブナ。

ヘラブナの稚魚が山ほど獲れました。

ミドリ、ミドリ、ミドリのミドリガメ。やたらといました。

ミシシッピアカミミに、ミシシッピチズガメ。
あとミシシッピニオイガメも1匹とれていて、ミシシッピ三昧。

子ガメはミドリとクサ。
ちいさいくせに、ちゃんと臭いをだしました。

500円小サイズのアカミミも、

片手で持てないくらいの大きさになります。

こちらは捨てられていたボーリング玉。

井の頭池にも沈んでいました。

泥まみれのルアー。釣りはできない池ですが、
釣り糸もあちこちに。

釣りはどこでも人気です。

どろ遊び

11月2日、3日と和田堀公園のかいぼり。
平日は行けないので、昨日参戦。

昨日のメインはどろ遊び。

池底はでこぼこしているので、水は大体なくなっても、あちこちに水
がたまっています。
池底の水がきれいに抜け、水たまりが出来ないよう澪筋を掘っていきます。
水たまりが残ると外来魚が残ってしまうと、水を入れた後に増えてしまう
ので、池底をきれいに乾燥させるためです。

井の頭池は泥も深く、タライにつかまっていないとすぐに泥にはまって
動けなくなりますが、和田堀池は、人口池で深さもそれほどなく、
底も堅いので、タライなしでも大丈夫。

バケツを使って泥を遠くに飛ばして、溝を掘ります。
ただ全体として水を多く含んだ泥がすぐに溝に流れ込んでくるので、
その前にまた泥飛ばし。流れてくる水が止まらないように繰り返して掘ります。

下半身のいいトレーニングになりますが、ちょっと筋肉痛。

慶早戦

雨に祟られた秋季リーグ。

今週末の慶早戦も昨日は小雨で出来ましたが、
今日は本降りで中止。

慶早戦で慶応が2連勝すると慶応の優勝、1つでも負けると明治の優勝。
春も慶早戦に慶応の優勝が懸かっていたのですが、早稲田が1勝して立教でした。
観客席も慶応の方が多目です。

試合は点が入ったのが初回の攻防のみ。
2-1で慶応先勝。

早稲田が負けると東大と同率最下位という瀬戸際。
台風一過の明日の試合が楽しみです。(見に行けないけど。)

プリティひばかり

先週末の台風以降、透明度がよくなった井の頭池。
今までのアオコがなくなり、池底まですっきり。

遮光籠もはっきりと見えます。

水面から見えるアナゴ籠。

公園のあちこちでも水が湧き出ていました。
水道の故障ではなく、湧き水。

池底、水面近くともに17度。魚はぼちぼち、ザリガニもぼちぼち。

ボート池に入ろうとして見つけたヒバカリ。

小さくて可憐なヘビです。

おろし三昧

昨日は第8回和酒フェス。
日本酒が試飲し放題のイベントです。

前回7月は発砲酒、今回はひやおろしが勢ぞろい。

小雨が降る中、カッパを着て、日本酒飲みまくり。

冷あり、燗ありの2時間15分。

次回も楽しみです。
(いつあるか知らないけど。)

 

 

 

雨の新幹線

曇りの予報でしたが、朝からしっかりと雨。
今日、明日と予定されていた「井の頭100祭」も
早々と中止になりました。

展示はなくなりましたが、ザリガニ駆除はいつも通り。
水温も低く、カッパを着ていても雨が吹き込み、
冷え冷えの池の上。

池に浮いていた年代物の新幹線。

いつも見とれる綺麗なギル稚魚。

ウキゴリはこれまで稚魚がよく入っていましたが、
今日は立派な成魚も一緒です。

外来はアメザリ、ブルーギル、ヌマチチブ。
在来の生き物が優勢です。

ぼちぼち紅葉

随分寒くなった、雨の日曜日。

池の水もひんやり。
葉も色づいてきました。

弁天橋の近くも。

 

最近ザリガニが増えてきました。
自ら出ているこのザリは子育て中。

ギルもぼちぼち。

今日のザリ。

 

 

 

みかづき

学習塾の初期のころから、平成までの教育業界を背景にした家族の物語。
夫婦で塾を立ち上げて、塾を大きくし、塾競争を勝ち抜いていく一方、
すれ違い、ばらばらになっていく家族。

家族のそれぞれの個性が際立つ、読みごたえがある長編。
学校教育の移り変わりもよく分かります。

 

退職して妻を四国のお遍路に旅立った警察官が、
過去を彷彿とさせる忌まわし事件を知り、
過去と向き合いながら、真実を追っていくという刑事もの。

妻と娘の家族ものでもあり、事件は暗いものの、救われる
ところがあります。
ただ、娘のボーイフレンドはちょっと性格が良すぎかな。

まだみどり

日曜日はザリガニの日。
水は随分冷たくなりました。

アオコも減りましたが、まだまだ水はみどり。

よく晴れた青空が水に映えます。

空も秋の雲。

展示用のナマズ。

池の水を入れると、緑なのでちょっと不気味。

きんもくせい

9月の半ばに銀木犀が咲いて、ちょっと金木犀も咲きました。

その後の雨と風で今年は終わりかな、
と思ったら先週くらいから、
本格的に金木犀が香り始めました。

近所のよく行っていたドッグランは
隣接するマンションとの境が一面金木犀でした。

若いころは他の犬をくんくん追い回し、
朝早く他の犬が居なかった時は、
入り口あたりで、よく待っていました。

ドッグランに行くときの道を通ると、自分でぐいぐい、
ドッグランに向かって行きました。

最近(といってもここ2-3年)は他の犬が来ても知らんぷり。
自分のペースで遊んで、他の犬よりは
他の犬の飼い主にアピールしていました。
飼い主は無視して。

今日はいい天気だったので、ドッグラン日和だったかな。