暖かい土曜日

暖かい土曜日。

風が吹くと桜吹雪。

菜の花も盛りです。

河原は人の接触もありません。

こじんまりと身内の花見。

水も冷たくありません。

人もまばら。

羽化したてのトンボ。
この時期にはあまり見かけたことはありません。

水ぬるむ

暖かい3連休。

菜の花も随分アピールしています。

久々の野川。

暖かくなったので、冬眠目覚め生き物チェック。

割と丹念にチェックしましたが、まだもう少し
先のようでした。

鳥たちは元気一杯。

水浴びハシブト。

キセキレイも水際に。

コサギはもちろん川の中。

子供たちも川の中です。

いい若者

子育て中カルガモ。
今年は井の頭池では子育ては観察されず。

野川も干上がっていたので、だめだろうと思っていました。
今朝、久しぶりに川を除くと、8月の雨で水量も豊になった中、
子育て中のカルガモに出会えました。

なかなか、いい若者です。

急ぐときは一直線。

今日は井の頭池の張り網設置。
月に一度のモニタリング用です。
全体抹茶色で一番濃いのが弁天池。

フローターもアオコまみれ。

少し青空が見えてきました。

雨降れ

水が枯れている野川。

ところどころ脇から流れてきたのか、水が少し溜まっています。

水が溜まっているところには、幼魚が...

雨が降ってくれないと、生き残るのは厳しそうです。

のんびりGW

GWです。

今年も近場で、のんびりGW。

去年もこのころから沢山見かけたナナフシ幼体。

虫たちもよく見かけるようになってきました。

がさがさと草をかき分けていた黒クサガメ。

捕まえても物怖じしない人慣れ個体です。

 

雨ふれ

今朝は朝から予報通り雨。
ジョギングも出来ないので、ゆっくり朝寝。

週末の雨は久しぶりかな。

先週末の野川。
今年は雨が少なかったのか、途中で水が途切れていました。

今日の雨で、水量が増えるといいのですが。

 

桜亀

日向ぼっこしていたクサガメ。

頭に桜の花びらをくっつけたおしゃれなカメです。

こちらは手のひら半分サイズ。

小さくて、かわいいやつでしたが、捕まえるとおしっこ攻撃を喰らいました。

春はへび

先週末は雨で、気温が低くてダメでしたが、今週は絶好の蛇日和。

今年最初の蛇はシマヘビ。縞蛇が一番敏感で、近くで物音を立てると、すぐに逃げ出します。
目が赤くて、かわいいやつです。

こいつは太いヤマカガシ。毒蛇だけあって、鰓が張って、ごっつい顔です。
去年見かけた同じ場所にいたので、同じ個体でしょう。

アオダイショウにはなかなか出会えなかったのですが、下流で日向ぼっこしている
やつに遭遇。

1m以上の大きな個体。掴むと、青臭くて、埃臭い何とも言えない臭いがします。

今日は縞3、青2、山1、計6匹。

春を堪能しました。

 

 

忍び寄り

今朝見かけたカルガモ雛。

まだ小さい3羽だけ。親の姿は見当たりません。
3羽でうろうろ、ちょっと親を探している雰囲気です。

その後ろから忍び寄ってくるのが鯰。
こんな浅いところにいるなんて。

しばらくすると親が飛んできて、ちょっと安心。

 

まだまだ小さいのでこれからも大変そうです。

 

ロボは相変わらずマイペース。

短足自慢

随分久しぶりに姿を見たモグラ。
方向を間違えて、コンクリのトイレの中に向かっていたので、
捕まえて、河原に戻しました。

捕まえると前脚で抵抗。長い爪で痛くないぎりぎりの感じです。

最初に見た時はネズミかと思ったのですが、胴が長く、もぞもぞと這うような
動きで、違いは明らか。毛虫が慌てて動く時のような動きです。

土の中に潜るのには長い脚は必要ないので、きわめて短い脚。

短足自慢のロボもちょっと勝てません。

 

昨日カルガモ親子を見かけたすぐ近くで悠々と泳いでいた青大将。
1m以上はあります。

いつもは蛇を見かけると嬉しいのですが、今朝はちょっと複雑。

昨日の雛たち、気を付けて。

子沢山

今年は見かけないなあ、と思っていたら、今朝出会えた
カルガモ親子。

いちにさんしー、と数えると、何と九羽。

お母さんの右に行ったり、左に行ったり、後ろに行ったり。

みんな、元気に育つように!

カルガモばかり撮っていたので、ロボも少しアピール。

緑と水

先週の夕方に野川に行ったとき、見かけた妖しい動きのペア鯰。
これは、今週あたりかな、と鯰の仔を探しに出かけました。

先週いたところから、下流を丹念に探したのですが、網に入るのは、こんなものたち。

ザリガニはここでもよく捕れます。

アオダイショウもあちこちで見かけますが、残念ながら鯰の子供はいませんでした。

日向ぼっこしていたクサガメの仔。
四角く、肉厚な感じでてにすっぽり入ります。

緑と水がよく似合う青大将。

鯉の季節

ようやく鯉の季節になってきました。

今朝は朝からいい天気。

天気がいいので、ロボを置いて、野川へ。
アオサギは何度か水中で餌をとろうと頑張っていましたが、いずれも失敗。

割と好きなコゲラと、最近調子が悪い燕(野球の方ですが)。

野川の途中には烏の罠小屋があって、その周りに烏がよく群れています。

日向ぼっこの爬虫類たち。
以前スッポンを見かけた場所ですが、今日はアカミミのみ。

青大将をみると取りあえず、ほっとします。

親子で同じ場所にいるウシガエル。
この辺で一番身近な特定外来生物です。

トンボも増えてきました。
アカボシゴマダラと、変わった蝶だと思ったら、羽がボロボロになったキアゲハでした。

アオスジもよく見かけます。

浅場(と言っても水深の深いところはあまりありませんが)の鯰。
もうそろそろ産卵の季節です。

夕方から黒い雲が広がって風が強くなってきました。
台風にはまだ早そうですが。

 

 

新カメ

知人から譲り受けた、イシガメの緑(りょく)。

先日罅割れて運ばれてきた60cm水槽の代わりをすぐ手配してくれたので、
昨日から家へ。(ありがとう飛脚さん!)

クサガメに比べると平たく、首と手足も細めです。
やっぱりいいですね、イシガメ。

物怖じしない成体のイシガメで、手から餌を食べます。
油断すると指まで噛まれそうなので、要注意ですが。

野川にリョク用の石を拾いに行ったついでに見つけた青大将。
鱗の質感がたまりません。

久し振りに見かけたヤマカガシ。
写真を撮ろうと思ったら、そそくさと逃げ出したので、証拠だけ。

 

はるへび

昨日の午後からちょっと暖かくなり、そろそろと思っていたら、
やはり出ていました、青大将。

去年も同じ季節でした。

1時間少々あるいて、見つけたのは青4ひき。
サイズは図っていませんが、割と大き目の個体ばかり。
縞蛇はいませんでした。

カナヘビも暖かくなったので日向ぼっこ。


キアゲハも舞い、春っぽくなってきました。

菜の花も満開です。

悲しい水辺

野川の二枚橋から上流の河川整備が終わっていました。

整備前は、葦が生い茂り、水深も深かったのですが、
あっさりと、おとなしい川になってしまいました。

さりげなく配置されている石。
底はコンクリで固められています。

二枚橋の下にはメダカが結構いたし、
マツモムシも捕まえたのですが、今年は無理かな。

ちょっと悲しい河原です。

取っ手つき石

工事中の野川の河原に置いてあった不思議な石。
取っ手のような棒がついて、紐でまとめられています。

綺麗になるのはいいのですが、人工的にがちがちになのでは、とちょっと心配。
ここからちょっと上流域は底と川岸がコンクリで固められています。

こちらはボールに夢中で、それどころではありません。