トンボたち

この時期の水辺には、トンボが気持ちよさそうに飛んでいます。
飛んでいるトンボをみると、捕虫網が欲しくなります。

たも網でもなんとか頑張りました。

初めて捕まえたアオサナエ。


ちょっと小振りですが、胸が緑でカッコいいサナエトンボ。

カワトンボ科は羽が色付き、体がメタリック仕様。
アオハダトンボ。

こちらはミヤマカワトンボ。
ベッコウ色の羽が素敵です。

ここのゆるキャラはくりっかーとくりっぴー。
ベースがカワセミで、特産の栗の体型、頭には曼殊沙華。

曼殊沙華のシーズンもいいですが、初夏にもいい場所です。

トンボの季節

七井橋の水生物園側のラクウショウに営巣しているカワウ。
雛が生まれ、ピーピー鳴く声がよく聞こえます。

雛は2羽。
子供のときから、嘴が特徴的です。

暑くなったのでカメもよく出ています。

へばっているように見える中サイズのスッポン。

今年生まれの子スッポンは凛々しい顔をしています。

イシガメ大。

今年生まれ。

カイツブリはあちこちで営巣中。

いつの間にか、あちこちにイトトンボ。
皮切りはアオモン。

他のトンボはこれからです。

秋トンボはじめました

日曜日はトンボ調査。
先月の調査ではいなかった、アカネがあちこちに。

アキアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ。。。

まだまだ元気な夏のトンボたち。

ギンヤンマは産卵まっさかり。
お尻を水面に沈めて産卵しています。

ウチワヤンマはめっきり少なくなりました。
ごつごつしたシルエットは頑固爺の雰囲気です。

トンボの季節 2

今日はトンボ調査。
日差しも強く、絶好のトンボ日和。
人にはあまり優しくない天候でしたが。

去年まで井の頭では見かけず、今年うじゃうじゃいるのが、
ムスジイトトンボ。イトモの上を飛び回っています。

イトトンボでは他にアオモン、クロイトトンボ。

大型で多いのは、ウチワヤンマ。
ギンヤンマもいるのですが、ウチワの方が数が多く、よく止まってくれるので、
よく目立ちます。

あとは、コシアキ、ショウジョウ、ハグロ、コオニヤンマ、コフキ、シオカラ、
オオシオカラ。

アカネは見かけず。
まだこれからでしょうか。

トンボの季節

井の頭池に多いウチワヤンマ。
池の中を縦横無尽に飛び回り、池に突き出た枝に止まります。

フローターで池の中から接近。
随分近づいても逃げない個体がいました。

簡単に捕まえられました。

放すと元気に飛んでいったので安心しました。

ボート池の杭にもヤゴ殻が沢山。

七井橋の下もよく見ると沢山ついています。

ショウジョウトンボの赤はよく目立ちます。

コオニヤンマは数は少な目。

井の頭では初めて見たマルタンヤンマ。
大型で目立ちます。

セミは種類が少ないので、ちょっと残念。

暑いトンボ

日曜日は久しぶりのトンボ調査。
月に1度ですが、最近は台風や雨で中止が続いていました。

今年は多いウチワヤンマ。

お尻をきゅっと上げた休みのポーズ。
多いのはウチワヤンマとシオカラ。

その他にもハグロやショウジョウ等いろんな種類が見られました。

前からそっと近づくのに弱いトンボ。

どこにいても目立つアゲハ。

七井橋には、なぜか白鳩。

弁天池に現れた錦鯉。新たな放流です。

お茶の水の井戸では水飲みをしている野良猫を発見。
野良猫を見かけるのは初めてです。

暑いのか尻尾も水に浸しています。

美味しそうに飲みます。

930から1200までの暑い時間の調査だったので、ちょっとバテ気味。

昼寝とビールは欠かせません。

 

トンボ始めました

先週日曜日は今年初めてのトンボ調査。

気温も上がり、トンボの活動も盛んです。

コシアキ、コフキ、モノサシ

オオヤマトンボも飛び回っていますが、止まってくれません。

池ではカイツブリが抱卵中。

卵は1つのようです。

クサガメも日向ぼっこ。

 

 

トンボはじめました

日曜日は朝の鳥調査の後、トンボ調査。
井の頭池を回って、トンボをチェック。
鳥を見る眼と、トンボを見る眼は違うので、最初はなかなか見つかりませんが、
慣れてくると、マクロの眼になります。

多いのはイトトンボの仲間。

カイツブリの巣に産卵しようとして、カイツブリから

反撃をされそうになっているオオヤマトンボ。

シオカラもぼちぼち。

シオカラを見ていたら、池の中を泳いでいたオイカワ発見。

水面に鰭を立て、活発に泳ぎ回っていました。
オイカワの婚姻色、また見たいなあ。

3つの池を回るのは結構時間がかかりました。

気分的にはあっという間でした。
 

トンボ調査

昨日はかいぼり隊の研修で井の頭池のトンボの目視調査。
過去、抜け殻調査は何度かやっていましたが、昨日は目で見ての調査です。

池からちょっと離れたところの木の枝の先。

普段気にしないところにも、あちこちでトンボが見られます。

コノシメ

ナツアカネ

池の周りにはお馴染みシオカラ。

いつ見てもきれいなオハグロ。

コオニヤンマやギンヤンマも確認できましたが、ヤンマはあまり止まらないので撮れません。

あとは、コシアキトンボ、ウチワヤンマ、アオモンイトトンボ、オオシオカラトンボ、ウスバキトンボ、
マユタテアカネ、アジアイトトンボ

見分けるのは大変です。

セミとトンボ

最近よくマンションの廊下に転がっているアブラゼミ。

死んでいるのかな、と思って手に取ると、いきなり鳴きはじめバタバタします。
アブラゼミの絶対数が多いせいもあると思いますが、他の蝉はまず転がっていません。
何故廊下に飛んでくるのか不思議です。

羽化仕立ては可憐なアブラゼミ。

しかし一旦羽が茶色くなると、途端に賑やかに。
廊下に落ちたり、網戸にくっついたりと大活躍です。

昔はアブラゼミをよく追いかけていたロボ。
最近は無関心です。

高校野球も残り3試合になり、ツクツクボウシが普通に鳴くようになり、
夏もピークを過ぎました。

トンボもよく見かけるようになりました。

秋の運動会

今日は運動会でした。
小学校の運動会は春だったので、久し振りの秋の運動会です。

学校のグランドは、学校から随分離れた山の中にあるので、広々としていますが、ちょっと不便です。

天気がいいので、山登りの人たちと一緒の電車に乗って
向かいました。

朝から天気がよく、金木犀も随分花が開き、絶好の運動会日和でした。日差しが強く、暑いくらいで、まだツクツクボウシが何匹か頑張っていました。

小学校と違い、規模が大きな運動会で、双眼鏡が随分役に立ちました。(というか双眼鏡がないと、子供がどこにいるかほとんど分かりません。)
大玉送り、玉入れ、百足競争、綱引き、100m走、騎馬戦、リレーと、運動会の王道

メニューを堪能しました。一生懸命走っているのを観ているのと元気になります。

しかし感心したのが、最初にあった運動会のルール説明。
「審判の裁定に不服があった場合は、10分以内に申し入れること」
小学校では考えられません。

先週が文化祭、今週が運動会と、秋メニューが終わってしまいました。
カープも終わったし...(関係ないけど。)

陽が傾いてくると、山の中のせいもあって肌寒くなりました。

トンボも沢山。
自然にあふれいい所です。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

炎天下

昨夜福山に帰省しました。こちらは1ヶ月以上も雨が降っていない猛暑です。
朝から太陽がぎらぎらしています。


西日本に多いクマゼミは
朝が一番にぎやかです。

羽脈の緑色と、
雄の共鳴版のオレンジ色、
白っぽい腹部の色が特徴的です。

見た目もごついので、
捕まえ甲斐のあるセミです。


こちらは、ツクツクボウシ。
こいつが鳴き始めると、夏も折り返し地点で、
宿題が心配になってきます。
大人になって自分の宿題はなくなりましたが、今度は子供の宿題が...


トンボのメガネ

複眼を見つめると、
くらくらしてきます。

炎天下の中写真をとっていたら、きらきらと輝く虫が飛んできました。手で叩き落とすと、

タマムシ様でした。
生きているのをみるのは、何年ぶりでしょうか。炎天下に飛び回る虫です。
赤と緑の金属光沢の縦縞が見事です。

ちょこまかと歩き、隙があったら、羽ばたこうとするので、気が抜けません。
それにしても綺麗な虫です。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

チビザリ

今朝はまた川に。ここんとこ、日曜の朝、4週連続です。
先週行けなかった下の子が、ザリガニを獲りたいと言うので、ロボを連れて出かけました。

ロボはハグロトンボが気になるようで、一生懸命追っていました。黒い羽が目立つのと、飛びかたも
普通のトンボとは違って、ひらひら、蝶のように舞うので、ロボの目にもとまりやすいのでしょう。

お腹の金属色がきれいなトンボです。

大きめのザリガニは逃がして、小さなチビザリをいくつか連れて帰りました。

いつの間にかロボも真っ黒に。
満足そうなのはいいんだけど、こんな黒い顔、自転車乗せたくはありません...

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

羽化

ヤゴが夜中に割り箸に登ってきました。22:30 です。先っぽに止まったので近くに持ってきました。
じっとみていると、羽の部分がと動き背中が割れました。そこから、むくむくっと頭とたくましい背中が
出てきてます。そして足を動かしながらゆっくり逆さまにぶら下がります。ここまで約20分。

このままだったら落ちてしまう、と思いながら見てると、足をたまに動かすくらいです。

emergence 1emergence 2emergence 3emergence 4emergence 5emergence 6

じっと見ていたのですが、あまり動きがないので、目を放した隙に、ぱっと位置を変えていました。
11時です。まだ背中の羽はヤゴの羽の部分から出たばっかりのしわくちゃの形をしています。
それが少しずつ、少しず伸びていきます。三角形に伸びたかと思ったのですが、しばらくすると
真っ直ぐにきれいなトンボに羽になりました。

emergence 7emergence 8emergence 9emergence 10emergence 11emergence 12

ここまで伸びるのが00:15。もう大丈夫(何が?)と思って、また明日。

朝起きると、居間で元気に飛び回っていました手を近づけて、そっと指にのせます。
きれいに羽も横に広がっています。

ベランダから放してやったのですがしばらく名残惜しそうに、壁に止まって、それから
元気に飛び出しました。

じゃあまた。元気でね。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

プール開き

今週から小学校のプールが始まりました。それに先立って先週プールの掃除でヤゴ掬いがありました。
残念ながら父兄の参加は認められず、子供だけでした。下の子が参加したのですが、その日はあまり
天気がよくなくて、時間が短く、全体で50匹位しか取れなかったようです。
その中で、下の子は6匹とったそうです。 よくやった!

翌日欲しい人は持って帰れるということで、早速もらってきました。プラスチックのコップに入れて、ワリバシ
を立てかけておいたら、その翌日には、もうトンボに。

ちょっと色が薄いけど、アキアカネかな?羽化するのが、ちょっと早すぎて物足りないです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する