3兄弟

江戸時代の架空の神山藩を舞台にした時代小説。
3人の兄弟が主人公。
青春真っ只中の3男が大目付を務める家に婿入りし、
そこから政争に巻き込まれていきます。

読んでいてすがすがしくなる心地よい文章。
その中で展開される広どす黒い権力闘争。
黛家の3兄弟に心が熱くなります。

兄弟の絆の物語である一方、子を持つ親の物語です。

「子と申すは、よろこびだけでなく、数多のくるしみも連れてきおる。
が、くるしみの多い子ほど、いろいろな事を覚えておるものでな」
という清左衛門の言葉が心に残ります。

神山藩は、「高瀬庄左衛門御留書」でも出てきますが、時代も違うので、
主人公が交錯するところはありません。

砂原浩太郎のデビュー作。
村井長頼という前田利家の家臣が主人公の歴史小説。
無骨で要領がよくない長頼長頼が戦場の中で、
優れた主君に仕えながら成長していきます。

読んでいて気持ちのいい文章はデビュー作からでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中